Monthly Archives: 5月 2014

FXのリスク管理を知ろう

FXは口座選びでスプレッドや取引手数料などに注目しがちですが、しっかりと行いたいのが、リスク管理なのだそうです。FXでは外貨為替の価値が今後、どうなるかを考えて投資を行う先物取引という方法を用いています。証拠金を預けて投資をしますが、レバレッジをかけて取引を行うとてこの原理で証拠金の最大で25倍のトレードができるのです。


FXの強制ロスカット機能

FXには強制ロスカットという機能があります。これは一定の証拠金分のマイナスが出るとマージンコールというアラートを表示、一定時間までに追加の証拠金振込みなどがない場合に、取引を強制終了させる機能です。マイナスで取引を終わらせる形にはなりますが、このマイナスは、今以上のマイナスを防ぐ効果があります。ただし強制ロスカット機能などもシステムに管理されているものですから、メンテナンスなどの時間に注意しましょう。


リスクヘッジにシストレを使う

シストレというのは、FXがここまでメジャーになる前に、プロの投資家が利用していた売買を自動で行うことのできる機能です。FX会社によって、利用できるツールなども違うそうですから、シストレを活用したトレードを考えている人は、利用できるツールの範囲や制限などにも注目しましょう。またサポートセンターが24時間対応している会社などもあるそうです。FX初心者は安心できることも目安になるかもしれませんね。

トレードスタイルを決めて、FX口座を選ぶ

FXではトレードスタイルによって、口座の選び方や特徴などの活かし方が変わるそうです。トレードスタイルとは、どのようなスパンでトレードを行うか、どのくらいの時間をかけるか、などをさします。もちろんレバレッジなども関係します。


FXの短期トレードの特徴

FXを短期トレードで利用する場合には、外貨為替の売買による差額を利益とします。スワップポイントなどは考えない場合には、売買手数料や口座のスプレッドに注目するといいそうです。デイトレードという一日毎でトレードを終わらせる方法などが多く、短い期間で売買を確定させることから、長時間チャートのチェックができない場合には、トレードをすべて終了させます。その分だけレバレッジを高くすることで利益の幅を大きくするそうです。


中期、長期トレードはスワップも確認

売買を繰り返すことではなく、ロールオーバーさせて出る金利、スワップポイントを利益と考えてトレードを行う場合には、手数料などよりもサポートを重視した口座選びが多いそうです。長期間トレードを終了させることがないため、マイナスが出たときにリスクのあがるレバレッジを利用するのではなく、できるだけ証拠金の値段を高くすることが多いそうです。

FX口座は複数管理で美味しいとこだけ使う?

FX口座では取引手数料のかからない口座や、スプレッドの幅が狭い会社など、多くの特徴を持っています。中には口座の所有者向けに外貨為替などの無料セミナーなどを行う会社もあり、手数料だけで口座を決めることが難しくなっているそうです。


FX口座のメリットだけを使う方法

FX口座の数だけ、メリットが違うということは、メリットだけを活用すればいい、というのが、複数の口座を管理、所有することにつながっているようです。セミナーが優秀で非常に有益な情報などを教えてくれるけれど、スプレッドが広ければ、こちらの利益は少なくなってしまいますよね?そこで有益な情報は得て、手数料などが少なく済む口座でトレードを行うという方法です。美味しい部分だけを活用するというわけです。


デイトレに強い会社やスワップに強い会社など

金利差額の利益がたくさん出せる会社では、短期トレードにおける条件面で不利という特徴や、この逆で短期トレードでは利益を出しやすい代わりに、スワップポイントが少ないという会社もあります。この場合も、自分のトレードに合わせて口座を変えることで、利益を効率よく出すことができるそうです。情報の早い会社など、その会社のメリットを知ることが大切です。

FX売買はデモ機能で本番と同じトレードができる

FXではスマートフォンなどで気軽にトレードのできるという気軽さや、自分の生活スタイルに合わせてトレードスタイルを選ぶことができるなどのメリットがあるのですが、その中でもデモ機能のあるアプリケーションが増加しているそうです。


FX本番と同じ画面でデモトレード

デモンストレーション機能がついているアプリケーションでは、証拠金などを利用せずバーチャル取引を行うことができます。お金を実際に動かすわけではありませんが、アプリの機能や、自分で操作に慣れることができるため、実際に自分のお金を動かす際に、タイムロスや操作ミスを行う危険性を防ぐことができるというのがおおきな魅力です。


BUYとASKは売買の数字

FXのチャートを見ると、BUYとASKに分かれています。これは売り買い注文のときの価格で、売買差額分をスプレッドという表記で利用者に表示しています。この差額分は会社の利益となるそうです。またBUYというのは、会社から見て買う、という意味になるため、私たち利用者の目線では、売る値段ということです。会社が買う値段がこの値段という意味のBUYですから、これを逆に読まないようにしましょうね。差額が逆になると利益ではなくマイナスとなってしまいます。

FX利益を得るなら通貨ペアを選ぼう

FXではスプレッドという手数料がかかります。この手数料が会社の儲けになっていることから、FXでは取引手数料を取ることなく、利用者にサービスを提供しても、利益が生まれるのです。この幅は会社で変わりますが、FXで金利差額を狙う場合の通貨ペアはどう選ぶといいでしょうか?


FXの通貨ペアは情報の多い通貨を

FXで金利差額を考える場合には、その国の通貨の情報を得なくてはなりません。そのため、通貨に対する情報量も大きなポイントとなります。つまり、世界に多く利用されている通貨ほど、情報量が多いとなるのです。そのため、まだ通貨に対する知識がない場合には、できるだけドルなどの有名なメジャー通貨を選ぶことをすすめられているそうです。


マイナー通貨ではルールがあることも

スワップを考える場合、これから伸びると言われるマイナー通貨では一部、チャートなどに関係なく手数料を取られてしまうものがあります。これは外貨が流れ過ぎてしまうことを国が防止するために取っている対策なので、為替の価格などに関係がありません。中国の通貨の一部ではロールオーバーすることで、金利に対して支払わなくてはいけないお金などもありますから、マイナー通貨の扱いには注意が必要なのだそうです。