Monthly Archives: 7月 2014

FXの売りから入るはどうやって売るの?

FXでは売買の差額で利益を作っていきます。会社の売買価格に差があり、この差額をスプレッドと表記します。これもユーザーの売買差額を会社が利益として取っているということです。FXでは売りからというスタイルがあります。これは所有していない通貨が今、価値が高いときに使うそうです。


FXの売りから、のルールを知ろう

FXでは売りから始めるという外貨為替の購入方法があります。これは、通貨の価値が高い場合に先に売ってしまうということです。所有していないため、一度借りることから始めるのですが、この貸し借りでは、かえすときに全く同じ通貨で返済するという条件がつきます。この条件の下で、先に売るということです。1ドル100円と1ドル150円の場合、150円のときに100ドル分を売ると、100ドルで15000円になりますね。


安く買って利益を出す、これを買いもどしという

買いもどしというのは、安く売ることで利益を出すことです。FXでは売買がセットになっている投資なので、先に買った場合には後から売ります。1ドル100円で売ると、100ドル分は10000円なので、5000円の差額を利益にできますよね。このような形が売りから、という方法です。ただし価値が上がり続けてしまえば、それは損失となってしまうというのは、FXでは避けられないリスクといえます。