トレードスタイルを決めて、FX口座を選ぶ

FXではトレードスタイルによって、口座の選び方や特徴などの活かし方が変わるそうです。トレードスタイルとは、どのようなスパンでトレードを行うか、どのくらいの時間をかけるか、などをさします。もちろんレバレッジなども関係します。


FXの短期トレードの特徴

FXを短期トレードで利用する場合には、外貨為替の売買による差額を利益とします。スワップポイントなどは考えない場合には、売買手数料や口座のスプレッドに注目するといいそうです。デイトレードという一日毎でトレードを終わらせる方法などが多く、短い期間で売買を確定させることから、長時間チャートのチェックができない場合には、トレードをすべて終了させます。その分だけレバレッジを高くすることで利益の幅を大きくするそうです。


中期、長期トレードはスワップも確認

売買を繰り返すことではなく、ロールオーバーさせて出る金利、スワップポイントを利益と考えてトレードを行う場合には、手数料などよりもサポートを重視した口座選びが多いそうです。長期間トレードを終了させることがないため、マイナスが出たときにリスクのあがるレバレッジを利用するのではなく、できるだけ証拠金の値段を高くすることが多いそうです。