FXのリスク管理を知ろう

FXは口座選びでスプレッドや取引手数料などに注目しがちですが、しっかりと行いたいのが、リスク管理なのだそうです。FXでは外貨為替の価値が今後、どうなるかを考えて投資を行う先物取引という方法を用いています。証拠金を預けて投資をしますが、レバレッジをかけて取引を行うとてこの原理で証拠金の最大で25倍のトレードができるのです。


FXの強制ロスカット機能

FXには強制ロスカットという機能があります。これは一定の証拠金分のマイナスが出るとマージンコールというアラートを表示、一定時間までに追加の証拠金振込みなどがない場合に、取引を強制終了させる機能です。マイナスで取引を終わらせる形にはなりますが、このマイナスは、今以上のマイナスを防ぐ効果があります。ただし強制ロスカット機能などもシステムに管理されているものですから、メンテナンスなどの時間に注意しましょう。


リスクヘッジにシストレを使う

シストレというのは、FXがここまでメジャーになる前に、プロの投資家が利用していた売買を自動で行うことのできる機能です。FX会社によって、利用できるツールなども違うそうですから、シストレを活用したトレードを考えている人は、利用できるツールの範囲や制限などにも注目しましょう。またサポートセンターが24時間対応している会社などもあるそうです。FX初心者は安心できることも目安になるかもしれませんね。